要注意! 受験条件を満たしてる!?

通信講座選びが済み受講する講座が決定。いざ申し込み!と、その前に必ず確認してほしいことがあります。

というのも、社労士には行政書士や宅建(宅地建物取引主任者)試験とは異なり、受験者を制限する受験資格が存在しているのです。通信講座へ受講申し込みをする前に、下記の受験条件を満たしているかどうか確認しましょう。

社会保険労務士試験の受験資格

  1. 大学卒業者、または大学において62単位以上を習得済みの者
  2. 短期大学、高等専門学校を卒業した者
  3. 修業年限が2年以上、かつ総授業時間が1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した者
  4. 行政書士となる資格を有する者
  5. 公務員で労働社会保険諸法令の事務に従事した期間が通算3年以上、または行政事務に3年以上従事した者、民間企業や労働組合等で労務担当や労働社会保険諸法令の事務に通年3年以上従事した者

高卒では受験自体が不可能

社労士試験を受験するためには、上記①~⑤のいずれか1つを満たす必要があります。つまり、最低でも短期大学か高等専門学校を卒業した学歴が必要であり、また、大学生でも規定の単位数を獲得している必要があります。

こうした(悪名高き)学歴条件が存在する理由として、高卒以上の学歴が無いと合格が難しいという理由からかもしれません。しかし、同程度の難度である(社労士の方が合格率は高い)行政書士に受験条件はありません。

となれば、人権問題にも連動する労働や社会保障というデリケートな問題を扱うからかもしれませんが、これも「高学歴=モラルの持ち主」という図式は当てはまりません。この受験条件の基準は実にあやふやと言わざるを得ません。

高卒で受験するための秘策

しかし、学歴が高卒のまま社労士試験を受験するための秘策があります。それは、④の条件を満たすこと。つまり、社労士の前に何ら受験資格の無い行政書士を受験し合格するということです。行政書士も難度の高い資格であり容易に取得することはできません。

しかし、それでも社労士になりたいという確固たる目標があるならば不可能なことはありません。受験条件で社労士を受けられない方は、まずは行政書士へと目標を変更することもひとつの選択です。

受験資格を満たしているならコチラへ>>>

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る