お薦めの資格スクール

社労士, 講座

資格の学校TAC

TACは資格スクールでは数少ない上場企業です。公認会計士や会計・経営・労務関係、公務員関係などの難関といわれる資格講座を多数開講しています。社会保険労務士講座も1986年開講以来25年以上の実績があります。

TACを受講する魅力は、カリキュラムに資格大手のノウハウを凝縮しており、社会人の方でもムリなく合格ラインに到達できることです。
一例として「入門総合本科生コース」の場合、講義、答練等含めて全68回で、カリキュラムの量としては標準的です。開校日も8・9・10月コースが用意されており、一通りのカリキュラムを終えたあとに、追い込み自主学習の期間を確保したい方にも、適しています。

TACは、校舎も全国にありクラス設定も多様です。振替受講などのフォロー制度も充実しており、仕事との調整も計りやすいでしょう。ただマンモス校ということもあり、あえて短所を言うなら、社労士講座だけでも全国に50人以上の講師がいるので、自分に合う講師をみつけるのが、少しむずかしいかもしれません。

TACの詳しい情報はこちら

資格の大原

大原の母体は昭和32年に設立された「大原簿記学校」。この学校も資格スクールの老舗です。大原の社会保険労務士講座の特長もたくさんありますが、ここでは2つにしぼって紹介します。大原の魅力は「専任講師制」「教材の充実」です。

大原の専任講師は、豊富な受験指導経験をすべての講師が共有しています。それにより「質が高く・分かりやすい講義」を展開。特に初学者にとっては、講義がわかり分りやすいことが非常に大切。大原なら無理なく実力養成ができます。

また基本テキストや選択式・択一式対策の試験形式にあわせたトレーニング問題集はもちろんのこと、大原の講座では、法改正講座や、白書のまとめ講座、中間模試、公開模試、横断整理の教材等が全てセットになっています。「当校の教材だけで合格させる」、それが大原のモットーです。

資格の大原の詳しい情報はこちら

LEC東京リーガルマインド

1979年設立の大手資格スクールLEC(東京リーガルマインド)は、その校名どおり法律系資格に豊富な実績を持つスクールです。新司法試験をはじめ、法律系、公務員、労務・キャリア系など多くの資格講座を開講しています。

LECの社会保険労務士講座の最大の特長は、講師陣の質にあります。人気・実力を兼ね備えた講師が講義を受け持つ「担任制講座」を柱として、実力総合コース、また法改正や直前などの豊富な単科講座を用意しています。
ホームページをご覧いただけるとおわかりいただけますが、講師陣のプロフィールが前面に押し出されています。指導に自信ありということですね。

教材の情報をつけ加えるなら、LECは2013年度向けから、バインダー方式のテキストを採用。自由にページの並べ替えや情報の追加が可能です。条文も図表を多用し解説文も噛み砕かれており、条文の難解なイメージを和らげています。初学者の方にも取り掛かりやすい講座です。

LEC東京リーガルマインドの詳しい情報はこちら

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫