社労士と行政書士、難易度はどちらが上でどちらが下?

社労士, 行政書士, 難易度

社労士と難易度がしばしば比較される資格に、行政書士があります。税理士もよく比較されるのですが、あくまでも系統が異なる資格ですね。
行政書士も厳密には社労士とは違う系統ですが、法律を活用した資格であるという点では共通しています。社労士と行政書士がよく論じられるのは、それが最大の原因なのかもしれないですね。


肝心の難易度の差については、これははっきりとした比較がしやすいです。
なぜならば、社労士も行政書士も試験の制度はかなり似ており、年に1回の受験ではっきりと合格不合格が決定されるためです。



社会保険労務士 試験の合格率データ
年度 受験者数 合格者数 合格率
平成23年 53392名 3845名 7.2%
平成24年 51960名 3650名 7.0%
平成25年 49292名 2666名 5.4%
平成26年 44546名 4156名 9.3%
平成27年 40712名 1051名 2.6%


行政書士 試験の合格データ
年度 受験者数 合格者数 合格率
平成23年 66297名 5337名 8.1%
平成24年 59948名 5508名 9.2%
平成25年 55436名 5597名 10.1%
平成26年 48869名 4043名 8.3%
平成27年 44366名 5820名 13.1%

こうして比較すると、社労士と行政書士の難易度は極めて拮抗しているように見えてきませんか?

実際にこのふたつはかなり前から似通った合格率の推移をたどっています。基本的に5~10%の間を上がったり下がったり、を繰り返しているのです。

ただし、かなり近いレベルではあるものの、どちらのほうが難しいかといわれたら、社労士のほうを上にする人のほうが少し多いでしょう。これは、試験範囲の広さ等が影響しています(行政書士のほうも、実際に勉強をしてみると範囲はかなり広くてイライラするのですが)。


※念のために付け加えておきますが、「難易度が少しでも低そうだから」なんて単純な動機から社労士受験をあきらめて行政書士試験に乗り換えようとするのはいただけません。資格の試験を受けるときは、難易度ももちろん気にしないわけにはいかないでしょうが、それでも、あくまでも「自分自身が何をやりたいのか」その点を最優先して決めるべきです。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫